パン

よるはこれから

20200702_張り合い

完全にキツイ日記。いじめないでね。よろしくぅ。

 

日々に張り合いが無さすぎる。COVID-19が流行してから一段とその感じが強い。

車、デジカメ、タブレット、PC、switch、PS4、必要なものというのは既に粗方揃えていて、上位機種みたいなものに対する欲は無いのだから、欲しいと思えるものはあまり無い。言ってしまえば私は子供部屋おじさんだから、よくtwitterで上がっているみんなのキレイな部屋とは対極で、インテリアにこだわることに意味を見出すこともできない。読む予定の無いkindle本を買っては積む本が増える。未読の本が1,000冊以上はあるだろうか。やる予定のないゲームソフトも随分持っている。

おそらく、いろんな人が日々生きていて当たり前にしていく選択やこだわりの多くをスルーしている。小さなことから大きなことまで、自己決定権に関わるところが欠落しているから、日々の生活に張り合いが無い。

学習性無力感に苛まれていて、ずっと幸せになり方がわからない。どうやっても自分は幸せになれないと、妬みと僻みばかりを感じている。かなり多くの人を妬んでいる。自分の人生なのに、もう自分のための人生だとは思っていない。誰のための人生でもない。じゃあいったいこれはなんなのか。

 

金を稼いだところで何になるのか。別に欲しいものなどないのに。でも俺は株をやっている。親の遺産で少なくない額だって入ってくるだろう。一体何のための金なのか。何のために働いているのか。

 

 

不意に数年前のことを持ち出されて、今更だなぁと力無く笑うことしかできなかった。何の解決にもなっていない。一体それでどうしろと言うのだろうか。自己満足にしか聞こえないよ。

 

あぁ、僕は結構怒っているんだなぁと思った。数年前のこともだし、そうやってぬけぬけと言うことも。

常識とか価値観みたいなものに理不尽にすり潰されて、もうカスみたいなものしか残っていないのに。

 

私を知っている全員から、私という存在というか認識が消えればいいのにとよく思う。失踪欲みたいなもので、現実逃避のようなもので。

 

20200617_素直

 

結構衝撃的な結果だった。

私はもうずいぶん前から地に足がついていないような、ふわふわした生を送っていて、なんだかモルヒネ、麻酔みたいだなって思ってたの。

もしかしたらみんなあんな(アンケートの結果のような)感じじゃないかとは思っていたのだけれど、いざ数字で表れるとびっくりする。へーそうなんだーって。

 

どうも傷つかないように生きてきた結果、こんな風になってしまったと思うのだけど、仕方ないようにも思う。あの時あーしていたら良かったな、とか無いんだもん。常に自分にとっての最善をその時々で選択してきただけなので。

 

夜寝る前は、このまま目が覚めなければいいのにな、と思うこともよく?時折?ある。

誤解してほしくないのだけれど、友人やネットを介してつながっているみんなには感謝しかない。それは間違いない。

 

能動的に過ごすやり方、色々なやり方を忘れてしまった気がしている。

何かをしたいと思うけど、何もない気がしている。

 

こういうのかまってちゃんっぽいので抵抗あったけど、今は何故か少しだけ素直な気持ちなので吐き出し代わりに書いてみました。構われても何も言えなさそうなので、よろ。

20200517_近況

やあやあ久しぶりなんで近況でも話しますかね。

 

 

■新型コロナが流行ったけど日々の過ごし方はそんなに変わってない

晴れてたらドライブに行って道の駅で本を読んだりtwitterしたり。でも、遠出できないのはしんどいかな。

 

■どうぶつのもりの才能無かった

いやぁなんとなくわかってはいたんだよ。このゲーム自分は向いてないって。でも、FF7Rクリアしたからいいんじゃないかな。久しぶりにゲームクリアしたよ。イエイ!

 

■給付金10万円のつかいみち

行きたいところがいくつかあるのでその費用にします。10万じゃたりないけど、まぁいいでしょう。色々な理由から、自分が動き始めるのはかなり遅くになりそうです。色々遊びに行けるのはいつになることやら。

 

twitterの使い方を変えてから一年経った

意図的にtwitterの使い方を変えてから一年経った。続きましたね、珍しい。

ずっと、各々のスタンスに何か言うつもりは一切ないのですけど、最近見た「声を上げない人は声を上げている人にフリーライド(タダ乗り)しているだけ」みたいなツイートにだけはうるせえと思いました。

 

■今更HSPだと自覚した

ほんと、なんで今更ね。HSPのことはずっと前から知っているけど、そのうえで自分はHSPじゃないと思っていたんですよ、何故か。でもよくよく考えてみたら、いや考えなくても、俺ってHSPじゃねぇ?みたいに思ったので。なんでだろうね。思い込みって怖いですね。

 

■部屋の片づけをした

人が部屋に上がる機会があったので、それに向けて部屋の片づけをしていた。10年くらい前から捨てられなかったものとかを色々と捨てられて、頑張った。この調子で物を捨てていこう。あ、人ってただのネット工事業者の人です。回線がパワーアプしたぞ!!

 

■サブスクありがとう

この大サブスク時代、大データ時代、自分は感謝している人間のうちの一人です。昔っからロクに整理整頓ができないから、CDをきちんと保管できたためしがない。それってCDというものに思い入れがないということだと思うのだけど、そういうことで半年前から使っているspotify(premium)には感謝している。

物に対する思い入れがないというのはあると思っている。大事なものはきちんとアナログでとか、大事なものは手元にとか、もちろん言っていることはわかるのだけど、自分はそういう人間じゃなかったみたい。

 

■コンプレックスのうちの一つに向き合った

いくつかあるうちのコンプレックスの一つに向き合った。コンプレックスって言い方が適切かはわからないけど、多分一番近い。向き合っただけ、解消できてない。そして、そうやって向き合ったことが必ずしも良いことだったのかもわかってない。もともと歪なもので、目を背けていたところもあるけど、それをまっすぐ見つめたからと言って、事象自体は変わっていないよね。

 

■数年ぶりにできた口内炎めっちゃいたい

数年ぶりにできた口内炎めっちゃいたい

20191112_醜悪

この日は、仕事をしていて軽率な自分の言動でかなり自己嫌悪になった日だった。

 

なんであんなことを言ってしまったんだろうと、思いつつ、別に、言われた人も気にしていない様子なのだけど(その人が直接不快になることではないので)自分だけがずっとダメージを受けていた。それは、昼食を食べても家に帰って夜になっても続いていて、本当に現実逃避だけを目的に酒を飲んだ。

 

こういう自己嫌悪はかなり久しぶりだ。自己嫌悪自体は結構あるのだけど、もっとどうにもならないことに対して自己嫌悪することが多くて、自分の軽率な振る舞いに自己嫌悪することって、本当に久しぶりかもしれない。

 

自分がまさに忌み嫌っていた存在に自分自身が堕ちて、それをひどく醜悪に感じてしまって、酒に溺れるようにして夜を乗り切った。

 

人間に「忘れる」という機能が備わっていて良かった。

20191111_自分の書く日記って

色々日記を書いていて思ったのだが、自分の書く日記って、出来事や事実中心で、自身の感情に関する描写が少ないというか、感情に関する詳細な描写を無意識に避けているところがあるように感じる。

でも「ウェブの日記で求められるものがあるとしたら」ということを敢えて考えると、それってまさにそういうところだと思っていて、わざわざ好き好んで人の日記を見る人は、日記を書いている人に起こった出来事よりも、それらによって表れるその人の価値観のほうが興味深いよな、とか思う。

 

そういう意味で、この日記というかブログってなんだかな、と思っていて……そして、そういうつまらないことを思ってしまうこと自体になんだかな、と思う。

20191110_ゲームは積み得

この日は朝から地域の面倒事。どこの世界にも嫌な人はいるものだな、と思った(面倒事を一緒にやっている人が嫌なわけではない)

面倒事で、朝から2時間くらい太陽の下にいたからか、かなり気分がいい。癪だけど、いい日曜になりそうだなと思っていたけど、ずっと嫌で遠回しにしていたタスクに取り掛かり、最悪な気分に。

 

かなりバッド入ったので結局微妙な気持ちでいつもの道の駅へ。kindle本セールで3,190円になっていた株の本(定価8,500円)を読む。

コナーズRSI入門 ――個別株とETFで短期売買を極める (ウィザードブックシリーズ Vol.221)

コナーズRSI入門 ――個別株とETFで短期売買を極める (ウィザードブックシリーズ Vol.221)

  • 作者: ローレンス・A・コナーズ,Laurence A. Connors
  • 出版社/メーカー: パンローリング株式会社
  • 発売日: 2014/09/13
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

正直こんなに高い株の本を買うことはほとんどないんだけど、セールと勢いで買っちゃったやつ。っていうかアカデミックな世界の本ならわかるけど、8,500円とか意味わかんねーよ。それもkindle本で。(紙でプレミアついてるってのならまだわかる)

まぁ値段の価値(3,190円だとしても8,500円だとしても)あったからいいか、と思ったのでよし。とはいえ、今だからこそ理解できるし有効活用できる本だなと感じた。

 

最近、株をやっていて本を読んだり手法を学んだりする中で、これまで儲けにはつながっていなかったけど実は得ていた知識や経験みたいなのが生きるというか、つながっていく感覚がある。

この本だって1年前や2年前なら「いや言ってることや手法はわかるけどこれを現実でやるの無理では?」と思ったはずなんだけど、今では「あー、まぁ○○のサービス使って色々やればやりようによってはできるかもね」と思えたりする。仕事で習得せざるを得なかったエクセルの知識なんかも役立っている(とはいえvlookup、if、エラーを回避する関数とかを使うくらいで、マクロを組んだりできるレベルではないのだが)

 

デスストランディングは積んでいる。

20191109_占い

前日、暴飲暴食の結果、PCの椅子で朝まで寝てしまっていた。幸い体調は崩していないようだ。

 

定例で通っている皮膚科へ行く。前回行った時よりも少し良くなっている感じ。良かった。

 

その後は数年ぶりに占いへ。占い師はこの人しかしらないけど、本当に当たる人だと思っていて、信用している占い師さんだ。実際に見てきたように自分(明日さん)のことをズバズバ言うので、最初は本当にびっくりした。言葉がキツイとか、容赦ないのが玉に瑕(もしかしたら俺にだけなのかもしれないが)。

また今回も結構言われるんだろうなとそれなりに覚悟して行ったけど、容赦なくて笑った。泣いたり笑ったりして、60分話した。

別に何が良くなったわけでもないけど、やっぱり、考える軸ができるというか、思考はクリアになるかもしれないな。

 

占い師さん曰く、自分のケースの場合、結局はどちらを選ぶか、どちらを捨てるか、の話で……生き方を改めるか、このまま生きるかという話のようだ。占い師さんによると生き方を改めるほうをオススメされたが、占い師さん曰く俺は「人の話を聞かない(自分の好き勝手やる)男」なので、それは難しいかもねと言う話もした。

 

なんにせよ、何かを諦めないといけないらしい。なんとなく、そうなんだろうなとは思っていたけど、いざ言語化されると「そうかぁ~、そうだよなぁ~」っていう感じ。

 

でも、この占い師さんに言われて生き方を改めたことは過去にあるので、この占い師さんには感謝している。1時間3,000円でした。今回も、ありがとうございました。またよろしくお願いします。

 

matsue.mypl.net

 

そのあとは男友達3人と飲み。友人3人は妻子持ちで一年に一回とか半年に一回くらい会ったり会わなかったり。家、住宅ローン、車、他の友人の近況とかそんな話をする。

 

そういえば、3人とも酒を飲んでいたけど、どうにも飲む気にならなくて、自分は飲まなかった。あんまり最近飲む気にもなれないんだよな。田舎なので、外だと車を取りに行く面倒だとか、そのほうが圧倒的に自分の中ではマイナスというのも大きい。家でも、そんなにいいかな、と思う。まぁ、飲まなくてもいいなら、別にいいや。