パン

よるはこれから

20180425

自己満日記。

 

どういう環境に生まれるか、どういう環境で育つかというのは本当に博打で、本当に大きな格差が存在する。多分そういうことで思い悩んだことが無い人は想像もできないことが世の中には多分ある。

 

この話とはちょっと違うのだけれど、僕は価値観とかしがらみとか、人生を生きていてとにかく色んなことが糞くらえだと思っているのだけれど、そういうのって本当に強固なものだから、「話せばわかりあえる」とか、そういう風には一切思えない。価値観が衝突した時って大体平行線だし、月並みな言い方だけど、複数の正義があるだけでどれが間違っているというわけでもない。もし複数の価値観の人間が、分かり合うことが可能だったとしても、そこに至るまでには多大な労力を要するし、多分それなりに傷つく。そんな代償を払ってまで頑張る元気は無いし、だから、諦める。

 

地理的に有利なところに生まれた、住んでいる人に対する鬱屈とした感情というのは本当にあって、ときどき苦しくなるから頑張って合理化する。「~~すればいいことじゃん、何を難しく考えてるの」と言われることはあるけど、当事者にしか見えない大きな障害っていうのはあって、それをクリアするためには多大なパワーが必要になる。それに、意味の重すぎる天秤を用意して決断しなければならない。それにもパワーがいる。

 

だから、今日も僕は黙る。