パン

よるはこれから

最近株やビットコインに投資をしていて思ったこと。

最近株やビットコインに投資をしていて思うのは、人の心は本当に弱いということ。

 

たとえば10,000円儲かっててもそこまでめっちゃ嬉しい!ってわけでもないけど10,000円損してたら感じる精神的な負担はめっちゃ大きい。

同じ額だとわかってても後者の方が感情の動く幅は大きい。

20,000円の儲けが10,000円になるのと同じことなのにね。

金が減るたびに命を削られるようだろう、みたいな銀と金のセリフを思い出した。

 

特に損をしているとき、待つことができない。

お金がかかってない時は「下がっても長期的に見れば戻る可能性が高いから、それまで待てばいいんじゃん」とか簡単に考えてたけど、それができない。一日一日が長い、損切りしたくなる、楽になりたくなる。まぁでもこういうことが自覚できてる分まだマシだと思ってる。

 

知識(そしておそらく経験も)は重要。特に、メンタルに与える影響は大きい。何の情報もなく、上がるか下がるかだと、不安だから、正常な思考ができない多分。

どうなるのかわからないから、確信が持てない。利益確定できないし、すぐ損切したくなる(それって多分典型的な勝てない人のパターンですよね)

知識は自分の中のメンタルを支えてくれる。下がってたとしても、これは短期的なもので、長期的にはまだ大丈夫なはず(だからもう少し待つべき)とか思える。

 

いやーやっぱお金を稼ぐのって大変ですね。