パン

よるはこれから

ターニングポイント

4月に入って半月になる。

 

3月末まで本当に仕事が忙しくて、はっきり言ってここ半年とか一年とか、何をしていたのか覚えていない。もっというと、今の職に転職してからここ数年、何をしていたのかあんまり覚えていないので、気づいたらこの年になっていた感すらある。

 

どう考えても3月に働きすぎた反動なのだが、4月に入ってずっと体調が悪かった。頭痛から始まり、どれだけ寝ても疲れが取れない期間を経て、鼻炎が急激に悪化し、風邪による熱、頭痛。今は熱も下がって頭痛もあまりないのだが、鼻炎がひどくなりすぎたせいで今度は中耳炎一歩手前である。

 

もともとは4月で環境が変わるから、それに対応するために3月に無茶をした、というやつで今は比較的、心穏やかな日々を送っている。


そんな感じでボロボロなのだけれど、仕事を休んだりもして、休息は十分すぎるほどにとった。体調はまだまだ本調子とは言えないのだけれど、精神的な休養をしっかり取ることができて、思考はいい感じにクリア。精神が回復した、というのはこういうことを言うのだろうな、という感じ。

 

ここ数年の仕事は前職ほどじゃないにしろそれなりに思うところがあった。よく若いうちは苦労をしろ、と言うが、最近の多くの若者(?)と同じく個人的にはそれはクソ喰らえだと思っていて、仕事なんて楽なほどいいし、苦労は買ってでもしろ、なんて言う人には「結果的にうまく言っただけの自分の経験だけで適当なこと言うな」とか思ったりする。

でもまぁ、きつい仕事が成長につながることを否定するわけではなく、またきつい仕事が当人の価値観を変容させることも否定はしない。ということで、ここ数年でずいぶん性格や考え方が変わった気がするな、と思う。

 

これまでもそうだったけど、ここから先は更に完全に自分語りなのだけれど…いい意味でも悪い意味でも度胸はついた。それなりのことをやったし、同世代でも目上でも仕事ができない人をたくさん、本当にたくさん見たので、多少歳や位が上の人に対しても抵抗なくそれなりのこと言えるようになった。あと、組織に期待しなくなったし、人にもあまり期待しなくなった。なんというか、個人の完全に腐ったので、愛社精神みたいなのは、前も別になかったけど今はマイナスのほうになっていて、サボることをよく考えている。

仕事を頑張るという価値観は、一切なくなった。仕事ができない人がいっぱいいるので。単純なコミュニケーション能力もだし、事務能力、PCスキルなんていうのは、無い人は本当に無い。それそれなりのポストについている人も同様で、管理職はマネジメントスキルを持ってないどころか組織の運営をうまくすることが管理職の役割だと思ってない(認識が欠如)している人もいるし、まぁ凄惨たる有様だ。

まぁそれって組織としてかなり未熟なのも手伝っていて、ろくな管理職研修は無いように見えるし、仕事の範囲や責任の所在が明確でないし、管理職が責任を取るつもりがない、っていうかそもそも罰せられることがほとんどないから、管理職も自分の職域のことでも他人事なんだけどねwウケるwそれはおかしいわw。年功序列の人事だし、多くの人にとって頑張る意味なんて無いんだろうね。業務量に見合わない人事配置が横行していて、よくわからない偉い人の意向で意味不明にポストが増えたりする。そんなポストいらんのじゃ!!と思うよ正直。誰が希望したポストやねんそこ、という。

 

あと、個人の考え方としては、いろんなことに興味がもてなくなった。連日ツイッターを賑わせているトピックには、本当に興味がなくなった。政治的なことだったり、ジェンダー的なことだったり、それ以外のことだったり。正直これは社会的興味関心の減少で、うつ状態の一つだと思っていて、「まずいなー、直さないとなー」と思っていたのだど、ゆっくり休んだらこれはこれで自分の強みだと思ってきた。

何事も自分本位に考えるようになり、「みんな笑顔の裏にはそれぞれの辛い人生があるのよ」みたいなツイートがバズっていると「うるせぇ!俺は辛いんじゃ!!他人は関係ねぇ!!」と思うようになった。一応言っておくと、個人的に、これはとてもいい傾向です。

 

まぁそんな感じで、今に至ります。今年は仕事の比重をこれまでの7割くらいにします。絶対。またみんな遊んでください。

久しぶりみんなと会って

久しぶりに大学時代の友人と会った。

どんな理由で集まった、とかは言わないのだけど、会うのは1年ぶりくらいだったりほぼ8,9年ぶりくらいだったりと色々なみんな。それなりに社会人経験を積んで、人生の岐路に立っているみんな。そんなみんなの近況を聞いて、やっぱり「自分はどうやって生きていったらいいのか」という思いを強くする。

 

みんなが自分の人生を歩んでいく中、ままならないことばかりで、何一つ、整理をつけられないまま、消化できないまま流されている。

 

別の側面からは、自分の中の醜い部分を見せつけられて、それをずっとどうしようもできないまま自己嫌悪して。その醜い部分は、自分を直接傷つけるものではないのだけど、周り回って自分を傷つけていて、でもそれも治すことも消化もできなくて、そのことに絶望して。

 

結局、一つも前に進めないまま、あとどれだけを過ごすのだろう。

最近のこと、自分のこと

最近、前にも増して、醜悪な自分に気付いて自己嫌悪に陥ることが多い。

仕事やらなんやらで自罰的になっているな、という自己分析は出来ているのだけれど、「だから気にすること無い」で終わる話ではないとも思っている。

 

 

2019年になったから新たに始めたこともあるのだけれど、「よし!心機一転!」みたいな気持ちはあんまりなくて、眼前の見通しが明るいようには思えない。結局どうにもならないんじゃないかと思っている。

 

でもこれは、自分を変えるとか、そういう話でもないなぁとも思っている。結局のところ、何も確証が無いまま生きていくしかないし、その結果、なるようにしかならないとも思っている。だからこのエントリだって決意とかそういうものは何もなく、あまり意味も無いのだけれど。

 

 

僕は年初に出雲大社に行って、お守りを買っておみくじを引くんですが、「西よい旅行よい」だったので、今年は時間があればポルトガルにでも行きます。

 アクタージュ act-age がマジで面白い。

マツキタツヤ 先生(原作)宇佐崎しろ先生 (作画)のアクタージュ act-age がマジで面白い。

アクタージュ act-age 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

アクタージュ act-age 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 普段僕は@osicoman と週刊少年ジャンプについて話すpodcast「ジャン談」をやっていて、面白かった漫画(やそうではなかった漫画)について喋っている。だから、ジャンプについて言いたいことっていうのは大体消化できているのだけれど、わざわざこうやってブログで書くぐらいアクタージュがマジで面白いというのは本当にマジで思っているので各自買うように。

 

キャラが魅力的とか、宇佐崎先生の絵が合っている、細かい書き分けができているとか、話が面白いとかもうなんかめちゃくちゃ良くて、今のジャンプのフェイバリット2トップは間違いなく「アクタージュ」とおしこまん激推しの「ワールドトリガー」である。なので移籍が決定しているワールドトリガーのことを考えると実質ナンバーワンである。やアN1。

 

アクタージュのすごいところは本当に漫画を読むほぼすべての年齢、性別の人に勧められるところだと思っていて、普段ジャンプを読まない人にもとりあえずおすすめできる。

ちなみにこの「漫画を読むほぼすべての年齢、性別の人に勧められる」というのはワールドトリガーもそういうところがあって、すごい。ほんとすごい。

 

ちょっと余談なのだけど、同じくジャンプで今ノリに乗っている漫画、「呪術廻戦」も面白いのだけれど、こっちは本当に「ジャンプ漫画」で、ジャンプ読む人ならみんな好きでしょという感じなので、さすがにみんなに勧められるというアレではない。(別に呪術廻戦が悪いとかそういう話では一切ないのだが)

 

話戻ってアクタージュについて、話の導入こそ少し慣れていない感じがあるなと思ったのだけれど、デスアイランド編(1巻後半~3巻後半)で登場する最初のライバル(主人公格の)キャラ、百城千世子の魅せ方は見事。単純な敵や味方という話ではなく、きちんと、主人公と他のキャラクタがぶつかって、キャラクタそれぞれの人格に応じたインプット、アウトプットが成され、物語が進んでいく。僕は千世子ちゃん好きなんでデスアイランド編好きです。

3巻後半~現在の連載までの劇団編。演劇界の巨匠、巌裕次郎と、新たなライバルキャラ、 明神阿良也の登場。主人公がライバルキャラよりすごいすごくないとかそういうのじゃなくて、巌裕次郎の知られざる秘密をただ一人共有することになる主人公とか、話の軸の作り方がうますぎる。そして魅力的なキャラクタ陣。

銀河鉄道の夜」が題材なのですけど、主人公、夜凪景ちゃんのカムパネルラの演技、練習時にも相当のレベルだったのだけれど、巌裕次郎とのやり取りで、本番ではさらに表現のレベルが引き上げられていて……それってちょっとした書き分けなのだけれど、それを見事に表現している宇佐崎しろ先生(作画)の表現力も見事。

キャラクタのすごさを表すとき、周りのキャラが「主人公スゲー」とかテンプレな説明とともに言ってしまって微妙な感じになっちゃうっていうの、漫画ではとてもよくあるんですが、アクタージュではそれが気にならない。多分あるけど、うまく話の流れに溶け込んでいて、というのと、言葉じゃなく絵で感じさせる宇佐崎しろ先生ほんとすごい。

1巻や2巻あたり、amazonレビュー見ると画力に苦言を呈している人も少しおられる気がしますが、連載している中でめっちゃうまくなっている気がします。それくらい、今連載中のところ(単行本5巻相当の箇所と思われる。まだ未発売)は描き方が見事。

 

ということで全員買え!!

 

あと同作者の連載開始前の読切「阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ」(2017年9号ジャンプ収録)も面白いです。連載とは全然違う話ですが、こっちは主人公が映画監督を志す女子高生で「テメェは映画で何がしてぇんだよ」的な話だったと思う(うろ覚え)。マツキ節はこっちのほうがかなり強くて、アクタージュはだいぶエンタメに寄せたなという印象。もう何が面白いとか言わないけど、興味あったら見てみてください。

週刊少年ジャンプ 2017年9号 | ジャンプBOOKストア!

ちなみに、この週のジャン談で自分もおしこまんも絶賛して「この読切だけでその週のジャンプ買う価値あると思うので読んで」というような話をした覚えがあります。

第56回 / 2017年9号 | ジャン談

 

っていうかマジで自分は(自分が読み始めて以降)過去のジャンプを含めても、本当に個人的に好きな漫画5つとかに入っている。多分それくらい好きなので書きました。

 

そんじゃーね!!!!!!!!!!!!!!

 

※読んだことない人への紹介記事的に書きたいと最初は思ったけど無理ですねこれ。ブログ書く人はよくあーゆーことできるな……ということでpassionとemotionで書き上げ終。

 

アクタージュ act-age 2 (ジャンプコミックス)

アクタージュ act-age 2 (ジャンプコミックス)

 
アクタージュ act-age 3 (ジャンプコミックス)

アクタージュ act-age 3 (ジャンプコミックス)

 
アクタージュ act-age 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

アクタージュ act-age 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

家計の見直し(月額サービス解約編)

これはもう本当に僕の悪い癖で、ほとんど使ってないくせに入っているサービスがたくさんある。

多分今までで一番金を垂れ流してしまったのがジムなのだけれど、こういうのって元気が無いと本当にできない。逆に今、やろうと感じたので、少しは元気になってきているのかな、と感じるところが無くはない。

ということで、以下の有料サービスを解約しようと思います。

 

・ロケットモバイル 神プラン(月額298円で下り最大200kbps、月間総量規制なし)

・ニコニコプレミアム(月額540円)

kindle unlimited(月額980円)

 

書いてる途中で眠くなったので解約は明日以降にやります。

気を抜いている。

なるべく息を抜こうとしている。

 

これまで休日や平日の夜、休んではいても、実用書等の読書やらなんやらなんとなく勉強っぽいことをしていたのだけれど、最近完全に息抜きというか娯楽に振っている。

僕は昔好んで麻雀をやっていたので、MJモバイルという麻雀のスマホアプリを入れたり、ずっと手を出していなかったfate grand orderを始めたりと、まぁそんな感じの毎日だ。

明日にはMTG ARENAのオープンβがリリースされる。少し頑張ってやってみよう。

スマホのTwitterアプリとDiscordアプリをアンインストールした話

スマホTwitter アプリとdiscordアプリを削除しました。

僕は多分まあまあtwitter中毒で、気づいたらすぐにツイッターを開いている生活が続いていた。それと仮想通貨関連のコミュニティにいくつか所属していてdiscordというチャットツールで情報を拾っていたんですけど、最近完全に情報疲れしている気がしたので、試験的にアプリを削除してみました。

多分しばらくしたら慣れる気がする。

 

あー、でもTwitterを連絡用に使ってるのはあるからそのことは考えよう…